3歳男の子の七五三はどうする?やるやらない?

3歳男の子の七五三はどうする?やるやらない?

伝統的には男の子も女の子もお祝いします。 地域によっては、七五三行事のなかでも3歳の男の子ではお祝いしない地域やご家庭もある事でしょう。 ですが、本来の七五三の起源とされている理由としては、男女ともにお祝いの対象となっています。その理由として、当時では医療や衛生面が原因で子供達の死亡率がとても高かったそうで、子供が無事に育つことは親にとって何よりの願いだったのでしょう。 無事に3歳まで成長できたお祝いとして「髪置の儀」を執り行い、さらに今後の健康と成長をお祈りしたとされています。 可愛さMAXの3歳男の子を思い出に残しましょう♪ 3歳の七五三は「数え年」か「満年齢」で行いますが、この時期の男の子は可愛らしく、あどけなさが残る、長い人生で一番可愛い時期!と断言しても良いお年頃で、この時期にこそ着れるお祝い衣装が「被布着物」です。 この被布着物ですが、男の子が着用する機会はこの3歳の七五三ぐらいしかありません。3歳を過ぎるとドンドン男の子らしく成長していくので、男の子らしくなると被布着物が似合わなくなってしまいます。 一生に一度の3歳の七五三です。この時期にしか見せない表情や笑顔や仕草、イヤイヤ期のお子様もいるかもしれませんが、可愛い時期のお子様の思い出を写真や動画に残せるチャンスです。 神社でのご祈祷でもらえる千歳飴を持った愛らしい姿で、ご家族の記念撮影をするのもオススメです。ご家族皆様で大切な我が子の成長と健康をお祈りしましょう。

Read more